×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Vixen PORTAII R130Sfの実際の使い方(パート2)

Vixen PORTAII R130Sfの使い方(その2)

Vixen PORTAII R130Sfの実際の使い方や装備の解説その2です。

 

ファインダーを装備

最初に目的の星を見つけるためのファインダーが標準装備
(ポルタシリーズの鏡筒に共通する装備です。)

 

小物が置けるアクセサリートレイ

接眼レンズ、カメラ、小物等が置けるアクセサリートレイを装備
夜間の暗い中でのセッティングには、紛失しやすいモノの決まった位置においておけます。
この手の装備は軽視されがちですが、あるとないでは快適さがかなり違います。

 

ツールポケット

微動ツマミの位置やフリーストップの固さを調整するための付属工具があります。
実は、これらの工具は、忘れてくると観測自体ができません。

 

それを防止するためのツールポケットが経緯台本体にあります。
常にここにしまっておけば、観測に出発するときに忘れてくることはありません。

 

.丈夫なアルミ三脚

長時間、安定した観測をするために、ポルタII経緯台には剛性の高いアルミ大型三脚を装備しています。
上級の鏡筒を装備しても対応できます。